女性向けの引越しサービスにはこんなものがあります

引越しの業者選びは大切です。人生有数の大仕事を、いかにスムーズかつ快適に作業が進められるかということ、また費用を納得いくものにできるかという点を大きく左右するためとても重要なものなのですが、女性の場合はそれだけではありません。引越しというのは荷物を搬入・搬出してもらうことですが、実際には家の中に入って私物に触れられることになります。業者のスタッフさんたちは仕事なのだとわかっていても、見知らぬ人に私物を触られることに抵抗感を持つ女性は少なくありません。昨今では、業者の側でもそのようなデリケートな感情に配慮をして、様々なサービスを用意している業者が増えてきています。では、実際にどのようなサービスがあるのかを詳しく見ていきたいと思います。

荷詰めから搬出まで男性スタッフは使わない

最も配慮が必要になるのは一人暮らしの女性の引越しではないでしょうか。近年では忙しい人のために荷物の搬入も業者が行ってくれるパッケージが流行しています。依頼者は何もせず、箱詰めから搬出まで全て業者が行ってくれるのですが、荷詰めスタッフは全て女の人で統一してくれるサービスを行う業者が増えています。指定をしなくても一人暮らしに関わらず、女家族がいる家庭では女のスタッフが荷詰めをする配慮をする引越業者も増えています。また、荷物の搬出に関しても、女世帯の場合は搬出も全て女のスタッフで統一するサービスを行っている業者もあります。搬出の際には荷物の養生などで引越スタッフと室内に一緒にいる時間も短くないため、できるかぎり女同士で安心した空間を作り出してくれるサービスを行う業者が増えています。

配線工事サービスや盗聴器チェック

男性スタッフと狭い空間で一緒になるのがプレッシャーという人のためにできるだけ女のスタッフを派遣するというサービスはかなり広い範囲で実施されていますが、女性に配慮したサービスはそれだけではありません。引越し時には家電の配線も全て外すため、新居で配線をし直す必要がありますが、男性に比べてそれが苦手という女の人は多いものです。その場合、引越スタッフが配線やアンテナの設置をしてくれるサービスもあります。また、特殊なところとしては、探知機によって盗聴器の有無をチェックするサービスもあります。特に単身用の集合住宅への転居の場合、新居に盗聴器などが仕掛けられていないかを事前にチェックしてくれるサービスもあります。サービスは業者ごとに実施しているものが異なりますが、気軽に聞いてみることをおすすめします。